ZMP、車載CANデータ送受信機の新モデルを発売

自動車 ビジネス 企業動向

ZMPは12月9日、2チャンネルCANデュアルBluetoothトランシーバ「カートモ UP PRO 2014」の販売を開始した。

新製品は、2012年より販売している同社製品の第3世代機。クルマに搭載されている診断用コネクタOBD IIを利用して車載ECUの情報をCANバスから取得すると同時に、ユーザが車両や運転者に取り付けた任意のセンサ情報を別のCANバスから取得することができる。

新ビューワソフト「カートモUP PRO ビューワ」では、CANパケットから指定したビット/バイトで必要なデータを取得できるほか、変換係数の設定が可能。デバイス内には、最新のMEMS 6軸センサ(3軸加速度センサ+3軸ジャイロセンサ)も搭載、車両の挙動を合わせて取得することができる。2チャンネルのCANバスネットワークを流れるデータは同期され、タイムスタンプを付加し、2つのBluetoothモジュールによってリアルタイムに転送する。

同デバイスを用いることで、大がかりな実験システムなしで、車載CANデータをタブレットやパソコンなどで手軽に確認ができるため、自動車・車載機器の開発において、スムーズな実験・計測が可能となる。

価格は法人価格9万4500円、アカデミックや個人で勉強したいエンジニア向けの特別価格は7万3500円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集