ボーイング、T-X系列の訓練システム競争の合同開発契約をサーブと結ぶ

航空 企業動向

ボーイングは12月6日、米空軍の老朽化したT-38航空要員訓練システムを交換する、来るべき競争に対し、新しく先進的なコスト効率の高いT-X系列のシステム訓練ソリューションを開発及び製造する、合同開発契約(JDA)をサーブAB社と結んだことを発表した。

このJDAはボーイングを主要契約者とし、サーブABを主要パートナーとするもの。デザインや開発、製造やサポート、販売や市場調査などのエリアをカバーする。

T-Xプログラムは今後40年間に及ぶ、航空機と訓練を含み、空軍は新しく先進的なパイロット訓練システムの系列及び350機の航空機と、加えて関連した陸上ベースの訓練システムと後方支援、定着化のサポートに交換するプランを立てている。

「サーブはT-X競争の為にボーイングと協力することを誇りとし、それによって前例の無い価値を顧客にもたらす高い能力を持つチームを作り上げる。我々は米空軍に求めやすいファーストクラスの訓練システムを供給する。そして来るべき数年のうちに、この完璧に新しい航空機のデザインの開発に投資する。このボーイングとの協力は、我々の戦略的開発の一部であり、我々は長期の経済的目標を設定している」とサーブの社長兼CEOであるHakan Buskhe氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集