ボルボ、カーデザインに対する脳の反応を分析

自動車 ビジネス 企業動向

実験の様子
  • 実験の様子
  • 実験の様子
ボルボ・カー・グループはEEG(脳波)スペシャリストのマインドプレイ社と共同で実験を行い、人間の脳が車のデザインに対しどのように反応し、実際にどのような感情を引き起こすのかを分析した。

実験はボルボ『コンセプト・クーペ』の発表に合わせて実施。参加者は、前頭前皮質の脳波を測定するドライセンサーEEGヘッドセットを装着し、目の前に表われる多くのイメージ画像を評価した。イメージ画像には、コンセプト・クーペをはじめ、恰好が悪い車や古い車のデザイン、幸せそうな表情や泣いている表情の赤ちゃん、そして美しい男女の画像が含まれていた。

実験の結果、男性は泣いている赤ちゃんよりも美しい車の写真に強い感情を抱いたほか、74%が良いデザインの車を見ると気分が良くなると回答。人は車の形状に対して感情的に反応することが証明され、特に男性は美しい曲線を持つ洗練されたデザインに対して、ほぼ本能的に、好感を抱くことがわかった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集