WCOTY、ラグジュアリーカー賞を新設…第一次選考10台はハイエンドサルーンとSUV

自動車 ニューモデル モーターショー

新型メルセデスベンツSクラス
  • 新型メルセデスベンツSクラス
  • 新型マセラティ クアトロポルテ
  • 新型ベントレー フライングスパー
  • 新型BMW X5
  • 新型キャデラック エスカレード
  • ポルシェ マカン
  • 新型レンジローバー スポーツ
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は、「2014ラグジュアリーカーオブザイヤー」の第一次選考10台を発表した。

2014ラグジュアリーカーオブザイヤーは、今回から新設された賞。2013年に発売された高級車の中から、最も魅力的なモデルに授与されるもの。世界22か国、およそ70名のジャーナリストによって、審査が行われる。

2014ラグジュアリーカーオブザイヤーの第一次選考10台は以下の通り。

●ベントレー・フライングスパー
●BMW X5
●キャデラックELR
●キャデラック・エスカレード
●マセラティ・ギブリ
●マセラティ・クアトロポルテ
●メルセデスベンツSクラス
●ポルシェ・マカン
●レンジローバー・スポーツ
●ロールスロイス・レイス

新型メルセデスベンツ『Sクラス』をはじめ、ベントレー『フライングスパー』、マセラティ『クアトロポルテ』など、ハイエンドサルーンが名前を連ねる。

SUVも多く、新型BMW『X5』、新型キャデラック『エスカレード』、ポルシェ『マカン』、新型『レンジローバー・スポーツ』がノミネート。

今後は、2014年3月のジュネーブモーターショー13で3台に絞り込まれ、4月のニューヨークモーターショー13において、2014ラグジュアリーカーオブザイヤーが発表される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集