日本海事協会、「マリンテック・チャイナ」に出展…世界で展開する活動状況を紹介

船舶 企業動向

日本海事協会は、12月3日から6日に中国・上海で開催される「マリンテック・チャイナ2013」に出展すると発表した。

展示会は隔年開催で、今回は17回目の開催となる。同協会は、1983年から出展しており、16回目の出展となる。主催者発表によると、前回開催時は1650社が出展し、5万0888人が来場した。

同協会ではブースで、中国を含む世界各地に展開する活動の実施状況を紹介する。船舶検査・審査や海技教育訓練の認証や検査ネットワークの拡充、新規条約への対応サポート、研究開発や国際活動を通しての業界貢献などを紹介。

展示会には、同協会から上田会長が参加し、来訪者や他の出展社と交流を図り、現地の海事業界に世界最大級の国際船級協会としてアピールする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集