VWグループ、2018年までに11兆円超の大型投資を発表

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲンの米国主要ラインナップ
  • フォルクスワーゲンの米国主要ラインナップ
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは11月22日、2018年までの5年間に、新型車の開発や環境技術、生産設備などに総額842億ユーロ(約11兆5775億円)を投資すると発表した。

842億ユーロのうち、最も大きな割合を占めるのは、燃費性能に優れる車やそれに関する技術、環境に配慮した生産設備への投資。全体の3分の2を占める。

また、中国への投資も重視。フォルクスワーゲングループによると、この投資とは別に、2014-2018年の5年間、中国合弁事業に182億ユーロ(約2兆5025億円)を投じるという。

フォルクスワーゲングループは2018年までに、世界新車販売や収益性の面で、トヨタグループを上回り、世界第一位の自動車メーカーになることを目標に掲げている。

フォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルン会長は、「経済環境に不確かな要素はあるが、今後も技術革新をリードするために力強い投資を続ける。この投資が世界ナンバーワンに向けて、大きな力を与えてくれると確信している」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集