【富士スプリントカップ13】各地区のランカーが疾走…ヴィッツレース グランドファイナル戦 予選

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

11月22日、富士スピードウェイで「富士スプリントカップ」と同時開催の「ヴィッツレース」グランドファイナル戦公式予選が、開催された。

同レースは、トヨタ『ヴィッツ』によるワンメイクレース。2000年に開始され、今年で14シーズン目となる。今回のグランドファイナル戦は、北海道、東北、関東、関西、西日本の各地区戦の上位者がシードとして参加、予選を勝ち抜いた33台と共に日本一を目指して闘う舞台だ。まずは66台が午前中の予備予選に参加し、その後に上位45台での予選が行われた。

当日は、少し気温が高めのコンディション。快晴の下、クラッシュ等のトラブルもなく終了した予選のトップは、関東シリーズ3位のデパマン石渡選手。予選2位は関東シリーズ5位の蓬田昭男選手、予選3位は関東シリーズ4位の北田和哉選手と続いた。

決勝は明日23日午後に行われる。


ヴィッツレース グランドファイナル 公式予選トップ10

●1位:デパマン石渡(62:N群馬FK光生APPVitz:ジースパイス レーシングチーム)
●2位:蓬田昭男(13:DjacWmヴィッツML:DMSC)
●3位:北田和哉(22:N千葉シュポルトFTμVitz :ネッツ千葉シュポルトレーシングチーム)
●4位:水谷大介(25:ネッツ東京Vitz:ネッツ東京レーシングチーム)
●5位:峯幸弘(108:犬印NヤサカファクターVitz:チームIMSC)
●6位:森井健太(520: DjacMLWMELDVitz:DMSC)
●7位:中村修彦(714:DjaCML023RVitz:DMSC)
●8位:横田剛(911:KYC Vitz TRZ:横田剛)
●9位:イシカワ ヨシオ(8:東京IRC石松μ・MLVitz:TEAM石松)
●10位:渡辺圭介(34: EVOLEXイマージュVitz:渡辺圭介)
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集