札幌で保存中の「名電1号」、来年6月から明治村で展示…11月29日から移送作業

鉄道 エンタメ・イベント

札幌の交通資料館に展示されている、元名古屋電気鉄道1号の「木製電車22号」
  • 札幌の交通資料館に展示されている、元名古屋電気鉄道1号の「木製電車22号」
  • 明治39年以前に名古屋市内で撮影された、名古屋電気鉄道1号
名古屋鉄道(名鉄)と博物館明治村(愛知県犬山市)を運営する公益財団法人明治村は11月19日、名鉄の前身会社・名古屋電気鉄道の第1号電車「名電1号」を2014年6月から明治村で一般公開すると発表した。現在は札幌で保存されている同車を借り受け、明治村で約6年間展示する。

「名電1号」は1901年に製造された26人乗りの木造2軸電車。名古屋電気鉄道が名古屋市内で1907年まで運行した後、札幌電気軌道が購入し、1918年から札幌初の路面電車29号として市営化後の1936年頃まで使用された。戦後は動物園内での展示を経て22号として復活。現在は札幌市交通資料館(札幌市南区)で「木製電車22号」として保存されている。

名鉄と明治村によると、明治村が2015年3月18日に開村50周年を迎えることから、記念事業の一つとして「名電1号里帰りプロジェクト」を立ち上げた。11月29日に札幌市交通資料館から同車を搬出し、翌30日に苫小牧港から太平洋フェリーで名古屋港まで輸送。同港には12月2日に到着し、翌3日に修理工場のある大阪市に移送して修理を行う。

明治村での一般公開は、名鉄創業120周年にあわせて2014年6月から始める。2020年3月まで展示し、その後は再び札幌市交通資料館に返却する予定。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集