エアインディア、米国・カナダのパスポート所持者の米国入国審査を一部電子化

航空 企業動向

APC(Automated Passport Control)システム
  • APC(Automated Passport Control)システム
  • 【写真提供 T.Miyazaki】
  • ジョン・F.ケネディー国際空港
  • ジョン・F.ケネディー国際空港
エアインディアは11月18日、入国審査の時間短縮を目的とした、APC(Automated Passport Control)システム導入の詳細について、公式ウェブサイトに掲載した。対象は米国、あるいはカナダのパスポート所持者のみ。

APCは、パスポート認証、写真撮影、税関申告(あらかじめ記入しなくてよい)、証明書発行を一台の情報キオスク端末で行う。全員が同一住所に居住する家族旅行の場合、手続きは代表者一名のみで済む。その後、専用審査官による簡単な審査を受ける。APCは無料で利用できる。事前登録は不要。

エアインディアが就航する路線のうち、APCはジョン・F・ケネディ国際空港、シカゴ・オヘア国際空港で利用可能。なお、ニューアーク・リバティー国際空港には設置されていない。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品