【ドバイ航空ショー13】ボーイング、新世代737シリーズの大量受注を発表

航空 企業動向

フライドバイ737 MAX8
  • フライドバイ737 MAX8
ボーイングはにおいて、UAEのドバイに本拠地を置くLCCであるフライドバイと共に、同航空会社の最高100機の『737 MAX8』航空機と11機の『NG737-800』の受注を発表した。

この航空会社の注文は表示価格で114億ドルの価値を持ち、中東においてボーイングのシングル・アイルが受注した最大のものである。この投資は、フライドバイの全てがバーイング737の編隊を運用する伝統を継続させるものである。

「フライドバイはボーイングとパートナーシップを続けることを喜んでいる。我々は最高111機のボーイング737航空機に対する献身が、フライドバイにシングル・アイル市場で利用可能な最高のパフォーマンスを行う航空機の一つを与えると信じている」とフライドバイのチェアマンであるSheikh Ahmed bin Saeed Al Maktoum殿下は語った。

フライドバイは2008年に50機のNG737‐800による最初の注文を行った。この航空会社は2009年に最初の航空機を受け取り、ボーイングのスカイインテリアをデビューさせた最初の航空会社となった。フライドバイは現在までに、33機のNG737-800の納入を受けている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集