エティハド航空が50機のエアバス A350 XWBと36機のA320neo、1機のA330-200Fを注文

航空 企業動向

エティハド航空A320neo
  • エティハド航空A320neo
  • エティハド航空A321neo
  • エティハド航空A330‐200F
  • エティハド航空A350‐900
  • エティハド航空A350‐1000
  • エティハド航空の注文調印式
  • エティハド航空の注文調印式
  • エティハド航空の注文調印式
UAEの国営航空会社であるエティハド航空は、ラインナップの近代化戦略のため50機のエアバス『A350 XWB』と36機の『A320neo』、1機の『A330-200F』の確定注文を、2013年度ドバイ航空ショーにて行った。

エティハド航空は現在23機のA320系列航空機と25機のA330、そして11機のA340を運航しており、新しい航空機は運用上の効率とコストの削減をもたらす現行の長距離編成にフィットすることとなる。

エティハド航空の社長兼CEOであるジェームズ・ホーガン氏は、「10年前のこの月に、我々はエアバスのA330を使って、アブダビからの就任飛行を行った。そして10年後、我々は世界をリードする一つの航空会社に成長し、我々の急速に成長する運航に対するエアバスの重要性は、この上なく強力だ。我々は現在60機のエアバス航空機を持ち、そしてこの最新の注文は我々のパートナーシップを強化し続ける証左である」と語った。

「我々はエティハド航空が、全てのレンジに及ぶエアバスの近代的航空機系列に信頼を維持することに喜びを感じている。我々はエティハド航空が、長年に渡って業界をリードするする継続的な成功を得ることを楽しみにしている」とエアバスの社長兼CEOであるファブリス・ブレジエ氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品