リビアン・ウイングスが3機のA350 XWBと4機のA320neoを注文

航空 企業動向

リビアン・ウイングスA320neo
  • リビアン・ウイングスA320neo
  • リビアン・ウイングスA350‐900
11月18日、リビアの首都、トリポリを本拠とする航空会社であるリビアン・ウイングスがエアバス3機の『A350‐900』と4機の『A320neo』の了解覚書にサインした。

この同航空はその編隊を2013年度ドバイ航空ショーで発表した注文により構築し、2014年の初めより乗客チャーターと貨物輸送の運航を開始することとなる。

「A350 XWBとA320neoは、中東地域の発展の中で最も近代的で効率的な編隊の一つを運用させることを確証するものだ。これらの燃料効率の良い航空機により、我々は長距離と短い地域ルートの両方において、最も低い運用コストと最高の環境的パフォーマンスに恩恵を受ける間に、乗客に最も高いレベルの快適性を提供することができる」とリビアン・ウイングスのチェアマンであるウィサム・アル‐マスリ氏は語った。

「最新の世代のA320neoとA350 XWB系列によって今日ビジネスをスタートさせるのを見ることは、とてもエキサイティングだ。そしてこれはエアバスのシングル・アイルからワイドボディーの製品ラインが、明らかに世界で最も競争力を持ち、要求の高い市場である中東の顧客の要望に対応することを意味している」とエアバス顧客部門のCOOであるジョン・リーヒー氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品