三井のリパーク、埼玉県労働会館跡地に駐車場開設…ハイブリッドソーラーシステムなど採用

自動車 ビジネス 企業動向

三井のリパーク・埼玉県立近代美術館東駐車場
  • 三井のリパーク・埼玉県立近代美術館東駐車場
  • 三井のリパーク・埼玉県立近代美術館東駐車場
埼玉県と三井不動産リアルティは、埼玉県労働会館跡地に環境配慮型駐車場「三井のリパーク」埼玉県立近代美術館東駐車場を11月19日に開設するとを発表した。

三井不動産リアルティの埼玉県所有地における駐車場運営は、2012年10月に開設した「三井のリパーク」浦和高砂県庁西駐車場に次ぎ、2事業地目となる。

今回、当該事業地の企画提案競技において、三井不動産リアルティでは太陽光発電で消費電力を大幅削減する「ハイブリッドソーラーシステム」や「排ガス対策パネル」「電気自動車充電器(200V、1基)」の設置など、環境や利用者に配慮した駐車場づくりを提案した結果、「エコタウンプロジェクト」を推進する埼玉県から、民間駐車場事業者として選定された。

「三井のリパーク」埼玉県立近代美術館東駐車場は、場内照明機器のオールLED化と「ハイブリッドソーラーシステム」との省エネ効果で場内照明の消費電力量を従来比で最大96%削減。また、北浦和公園の東側に位置し、園内にある埼玉県立近代美術館利用者は割引料金で利用することができる。

さらに、車室に面した歩道との間には「排ガス対策パネル」を、また、24時間利用可能な「電気自動車充電器」を設置するなど、環境だけでなく利用者や近隣にも配慮した駐車場を実現した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集