自転車同士が出会い頭に衝突、1人が意識不明の重体

自動車 社会 社会

12日午前10時40分ごろ、宮城県仙台市青葉区内の市道で、丁字路交差点を進行していた自転車同士が出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で一方の自転車に乗っていた55歳の女性が意識不明の重体となっている。

宮城県警・仙台北署によると、現場は仙台市青葉区千代田町付近。双方とも幅員約3mで、丁字路交差点に信号機は設置されていない。55歳の女性は電動アシスト自転車に乗車。現場の交差点を右折しようとしたところ、突き当たりに向かって下り坂を進行してきたタイ国籍を持つ21歳の男性(留学生)が乗る自転車と出会い頭に衝突した。

2台の自転車は転倒。女性は路上へ投げ出された際に頭部を強打し、近くの病院へ収容されたが意識不明の重体となっている。男性も腰部を打撲するなどの軽傷を負ったという。

現場は住宅街の中にある見通しが極めて悪い交差点。警察では双方の安全確認に怠りがあったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集