ANA、伊豆大島とフィリピンの台風被災者を支援するため輸送協力などを実施

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、10月16日に伊豆大島を直撃した台風26号と、11月8日にフィリピン中部を直撃した台風30号の被災地を支援すると発表した。

伊豆大島への支援では、ANAグル-プ役職員の中からボランティアを募集し、ジャパン・プラットフォーム(JPF)を通じて現地に派遣する。期間は、11月16日から11月末までを予定しており、状況に応じて延長する。

フィリピンへの支援では、日本赤十字社とJPFを通じて、救援で渡航するボランティアに対して、座席を無償提供する。協力は、ANAグループが運航する成田発着のマニラ線を対象とし、11月15日~12月13日の期間で実施する。

また、日本赤十字社、JPF、日本政府、自治体など、公的機関からの救援物資を無償で輸送協力する。協力は、一定の条件のもと、ANAグループが運航する成田発、マニラ行を対象とし、11月15日~12月13日の期間で実施する。

一方、ANAグル-プの役職員から寄付を募り、同社からの寄付も加え、日本赤十字社を通じて被災地支援に役立ててもらう。

ANAマイレ-ジクラブ会員に対して「伊豆大島およびフィリピン台風被害へのマイルによる寄付」を呼びかけ、寄せられたマイル寄付相当額を、日本赤十字社を通じて被災地支援に役立ててもらう。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集