関西国際空港テナントのレストランで不適切なメニュー表示が4店舗で発覚

航空 企業動向

新関西国際空港は、関西国際空港のテナントが運営するレストランで、メニュー表示と異なる食材を使用して顧客に提供していた事実が判明したと発表した。

相次ぐメニュー表示偽装事件を受けて同社は関西空港と伊丹空港の全レストランで調査を実施したところ、4店舗で不正が発覚した。

同社によると、第1ターミナルビルで、関西インフライトケイタリングが運営する「浪華」の「紀州梅うどん・そば」について、紀州梅ではなく、中国産梅で和歌山県内で製造された梅干を使用していた。2012年1月1日から2013年11月1日まで8408食を提供した。

和歌山県産の梅に変更するとしている。

また、同じく第1ターミナルビルで、際コーポレーションが運営する「紅虎餃子房」で「芝エビのチリソース」について、芝エビでなく、バナメイエビを使用していた。2011年4月1日から2013年10月22日まで3900食を提供した。

今後、メニュー表示を「エビのチリソース」に変更する。

さらに、第2ターミナルビルで、クリエイト・レストランツ・ホールディングスが運営する「SKYTERIA」、「SORATERIA」で「桜えびのかき揚げうどん」について、桜えびでなく、アミエビを使用していた。2店舗合計で5926食を提供していた。今後、食材を桜えびに変更する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集