豊田自動織機、米国販売子会社の新本社が完成

自動車 ビジネス 企業動向

豊田自動織機の米国販売子会社は11月5日、新しい北米本社を完成させ、その開業式典を開催した。

新しい北米本社は、460万ドルを投じて、インディアナ州コロンバスに建設を進めていたもの。豊田自動織機の米国製造子会社に隣接する2万1400平方mの敷地に完成した。

11月5日、新しい北米本社の開業式典では、隣接する豊田自動織機の米国製造子会社で、トヨタの新型フォークリフト、『8シリーズ』がラインオフ。テープカットセレモニーが催された。

豊田自動織機は1990年、米国に工場を建設し、現地生産を開始。日本以外でフォークリフトの組み立てを行う同社の最初の海外拠点になった。現地累計生産台数は45万台以上。2002年からは、北米フォークリフト市場でトップシェアを占めている。

豊田自動織機の米国販売子会社のジェフ・ルフェナー社長は、「我々は1年前、北米の顧客や販売店のニーズにより素早く応えるために、製造と販売拠点を同じ場所に置くことを決めた。今回の北米新本社の完成により、市場でのリーダーシップをさらに発揮することができるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集