ジャパン・マリンユナイテッド、省エネ型バルクキャリア「リディア・カフィエロ」を引き渡し

船舶 企業動向

ジャパン・マリンユナイテッド、バルクキャリア「リディア・カフィエロ」を引き渡し
  • ジャパン・マリンユナイテッド、バルクキャリア「リディア・カフィエロ」を引き渡し
ジャパン・マリンユナイテッドは、津事業所(三重県津市)で建造していたオーグスタ・パシフィック向け次世代省エネ型バルクキャリア(G81BC)「リディア・カフィエロ」を引き渡したと発表した。

船は、省エネ対策を講じており、燃料消費量を大幅に下げることにより、GHG(温室効果ガス)低減に成功した、次世代省エネ船「Gシリーズ」のパナマックスバルクキャリア。

省エネ附加物のほか、低風圧型居住区や波浪抵抗増加を減少する「レッジバウ」や、低摩擦抵抗塗料を採用した。GHG削減に加え、燃料油タンク保護規則、NOx排出規則Tier IIに適用した、環境に配慮した船型となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集