アルピコ交通と江ノ電、観光交流協定を締結

鉄道 企業動向

併用軌道区間を走る江ノ電の電車。
  • 併用軌道区間を走る江ノ電の電車。
  • 上高地線新島々駅に停車中のアルピコ交通の電車。
  • 新宿駅の高速バスターミナルで発車を待つアルピコ交通の夜行高速バス。
長野県松本市のアルピコ交通と神奈川県藤沢市の江ノ島電鉄(江ノ電)は、「藤沢及び松本の観光交流に関する協定」を締結した。松本・藤沢市の協力を受けて観光交流の拡大を図る。

松本市と藤沢市は1961年に姉妹都市提携を結んでおり、両市は市民交歓会などを実施して交流を続けている。また、本年6月にはアルピコ交通が江の島・藤沢への募集ツアーを実施。江ノ電のグループ会社も上高地へのツアーを行っている。

今後は相互の宿泊・観光施設を活用したツアーを季節ごとに企画し、観光交流の拡大に取り組んでいく。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集