ルフトハンザ航空、2014年夏にジャカルタへの直行便を週5回運航

航空 企業動向

ルフトハンザ航空は11月8日、2014年夏のフライト時刻表にジャカルタへの直行便を提供することを発表した。

ルフトハンザ航空はまたインドネシアの旅行者達に特別なオファーを提供し、現在から12月3日までに予約されるフランクフルトからジャカルタへの便を699ユーロで販売する。この価格は2014年3月30日から5月31日までの期間に限られる。

乗客は現在までに1週間に4回、バンコクでの途中降機を経てクアラルンプールに旅行することができた。しかしマレーシアの首都への旅行は、将来的に途中降機の必要が無くなる。

「我々は乗客達にジャカルタへの直行便と、クアラルンプールへのさらなるフライトを再び提供できることを嬉しく思う。インドネシアとマレーシアはビジネスとレジャー旅行にとって重要な国々であり、フライトの拡大を利用してもらえることに自信を持っている」とルフトハンザドイツ航空のオペレーションズ&ハブ・フランクフルトの委員会のメンバーである、ケイ・クラトキー氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集