マレーシア車検義務化、5年内に導入の可能性 車齢5年以上対象

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア自動車研究所(MAI)のマダニ・サハリ最高責任者(CEO)は、老朽車廃車法(ELV)導入に伴い、順調にいけば5年内に車齢5年以上の自動車を対象に車検義務化が導入されるだろうと述べた。

MAIは車検義務化について調査を行なっているが、車齢3-4年では不要と考えており、5年以上を対象に1年もしくは2年に1度の車検を義務付ける方向で検討を進めているという。マレーシア国内には車齢10-15年の老朽車が500万台あるとみられる。

棚上げとなっていたELVは、年内に発表が予定されている国家自動車政策(NAP)に再び盛り込まれるとの観測が浮上している。対象は10-15年の老朽車になる見込みだが、車検義務化はELVを補完するもので、車齢が若くても検査に通らなければ公道を走ることができない。公道を走るためには、修理を行なって車検に合格する必要がある。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

特集