タイガーエア、シャークレット改造を施したA320を公開

航空 企業動向

シャークレットの改造が施されたタイガーエアのA320
  • シャークレットの改造が施されたタイガーエアのA320
エアバスは11月5日、シンガポールのLCCであるタイガーエアが、アジアで最初となるシャークレットの改造を施したA320航空機を公開したことを発表した。

マレーシアのクアラルンプールにあるセパング・エアクラフト・エンジニアリング社によって、シャークレットの改造が施工された5機のA320がすでにタイガーエアに納入されている。

シャークレットは軽量の複合素材によって作られた、2.4mの高さを持つ装置である。この装置は新しく製造されたA320系列の航空機にはオプションとして装着され、新しいA320neo系列の全てのメンバーには標準装着されている。

シャークレットは長距離飛行時、最高4%の燃料燃焼軽減と、100海里の航続距離増加、もしくは450kgの積載重量増加のどちらかを選択できるという柔軟性を持つ。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品