マツダ アテンザ を一部改良…スマートシティブレーキサポートを全車標準装備

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
マツダは、『アテンザ』の一部商品改良を行い、11月1日より販売を開始した。

今回の商品改良では、「20S」「XD」に、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で軽減する「SCBS(スマートシティブレーキサポート)」を標準装備とし、全車標準装備とした。

また、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」搭載機種の燃費を16.0km/リットル(JC08モード)へと向上。その結果、エコカー減税の75%減税の対象となった。

さらにSKYACTIV-D 2.2搭載車では、新たに電動スライドガラスサンルーフをオプション設定するとともに、6MT搭載機種に本革シートなど装備を充実した「XD Lパッケージ」を追加設定。2チャネル音源でも臨場感が得られる「センターポイント2」機能付き「Boseサウンドシステム(11スピーカー)」をLパッケージに標準装備とした。

なお、ボディカラーは新色「ディープクリスタルブルーマイカ」を含む全7色を用意した。

価格はセダン・ワゴンともにが252万円から348万2500円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集