ボーイング、2017年に737の生産率を月間47機にまで増加

航空 企業動向

ボーイング737 MAX
  • ボーイング737 MAX
ボーイングは10月31日、『737』シリーズの生産を2017年までに47機/月へ増加させることを発表した。

この計画が達成されると、737プログラムは1年間に560機以上の航空機を製造し、2010年以来の生産量をほぼ50パーセント増加させることとなる。

「我々の顧客が航空機を必要とする時に、それらが彼等の手に入るようにこのステップを踏んでいる。我々の従業員と我々のサプライヤー達は、過去3年間に生産率をこれまでにないレベルに上昇させることに成功した。この生産率の増加は、我々が737 MAXの生産に取り掛かると共に、堅固な基盤を敷くこととなる」とボーイング商用航空機737プログラムの副社長兼常務取締役であるビバリー・ワイズ氏は語った。

ボーイングは現在、ワシントン州レントンの工場で1ヶ月に38航空機を製造しており、2014年の前半にその生産率を1ヶ月に42機にまで増加させることとなる。737 MAXの最初の納入は、2017年の第3四半期に行われる予定に従い進行中である。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集