富士精工8月中間決算…売上げ原価の増加などで大幅減益

自動車 ビジネス 企業動向
富士精工が発表した2013年8月中間期の連結決算は営業利益が前年同期比53.3%減の2億7400万円と大幅減益となった。

売上高は同1.0%増の86億1100万円と増収だった。日本の自動車向け工具需要は、国内向け設備投資に慎重で低調だったものの、アジアや北米・中米での自動車向け工具が好調で増収となった。

収益は売上げ原価の増加などの影響から、経常利益は同25.0%減の5億3000万円と減益だった。当期純利益は同25.8%減の3億4400万円となった。

通期業績見通しは最近の受注環境を踏まえて修正した。売上高は前回予想より12億6000万円マイナスの181億4000万円、営業利益が4000万円マイナスの8億3000万円に下方修正した。

経常利益は外貨建資産の為替評価差益の計上で、前回予想より8000万円増の11億8000万円、当期純利益が4000万円増の9億1000万円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 自動車国内生産、12か月連続マイナスの68万台…8月実績 画像 自動車国内生産、12か月連続マイナスの68万台…8月実績
  • 自動車国内生産、11か月連続マイナスの91万0114台…7月実績 画像 自動車国内生産、11か月連続マイナスの91万0114台…7月実績
  • 富士精工、熊本工場の操業を一部で再開 画像 富士精工、熊本工場の操業を一部で再開
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース