イクリプス、つながるカーナビ Zシリーズ発売…自然対話による検索機能を搭載

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
イクリプス・AVN-ZX03i
  • イクリプス・AVN-ZX03i
  • エージェントの仕組み
富士通テンは、イクリプスカーナビゲーションシステム「AVN」の新商品として、自然な対話で目的地を絞り込める「Zシリーズ」3 機種と、カンタン操作の低価格モデル「AVN Lite シリーズ」3機種を11月上旬より発売する。

Zシリーズは、国内市販カーナビ初となるWi-Fi接続やMirrorLinkに対応し、スマートフォンと連携可能。スマホでセンターサーバーとつないで、自然な対話で最新のコンテンツから施設を検索できたり、分からない操作を自動でサポートしてくれるなど、つながる機能を核に「使いやすさ」と「安全」をさらに進化させた。

新アプリ「カラフル」(音声対話型エージェント)では、スマホでカーナビとセンターサーバーをつないで、エージェントと自然に対話しながら行きたい施設を探し出し、目的地を設定することができる。

また、困った時には自動操作でサポートしてくれる、取扱説明書の新アプリ「どこでもサポート」を提供。初心者もカーナビを安心して使うことができる。

さらに、富士通の提供する「My Cloud」サービスと連携。専用アプリ「Drive Studio」を使い、スマホや自宅のPCに保存されている写真や音楽を、車の中で楽しむことができる。

ラインナップは9型液晶搭載の「AVN-ZX03i」、7型ワイドの「AVN-Z03iW」、7型の「AVN-Z03i」の3種。

一方、AVN Lite シリーズは従来の7型に7型ワイドパネルを追加したほか、入力方式を携帯電話方式または50音直接入力から選べるようにするなど、操作性を高めている。

価格はすべてオープン価格。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集