【NASCARスプリントカップ・チェイス 第3戦】アーンハート・Jr、ドーバーで僅差のポール獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポールを獲得したデール・アーンハート・Jr
  • ポールを獲得したデール・アーンハート・Jr
  • ポールを獲得したデール・アーンハート・Jr
  • デール・アーンハート・Jr
  • デール・アーンハート・Jr
  • マット・ケンゼス
  • ライアン・ニューマン
NASCARは9月27日、ドーバー・インターナショナル・スピードウェイで行われたAAA400の予選で、デール・アーンハート・Jrが現在ポイントスタンディングでトップに立つマット・ケンゼスを0.006秒の僅差で抑え、ポールポジションを獲得したことを発表した。

アーンハートのポールはドーバーでは初めてのもので、今シーズン2度目、彼のキャリアでは13度目のものである。

「僕は僕達の車が、トップ10内に簡単に入るくらい十分な競争力があると思った。2度くらいの小さなエラーをしたが、全てのラップを完璧に運転することなどできない。いつも少し違う形でできていたらと望むもので、車はおそらく0.05秒か0.1秒くらい速く走れていたと思う」とアーンハート・Jrは語った。

一方、惜しくもポールポジションを逃したケンゼスは、「予選走行を終えて、太陽が突然現れるのを見た時、こうなるだろうと感じていた。グリップが少なく、アクセルを踏み続けることができずに多くの時間を浪費した」と無念さを語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集