MSC企業3社、シリコンバレー企業と提携 マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マルチメディア・スーパー回廊(MSC)ステータス取得企業3社が、米シリコンバレーの企業と事業提携を行う契約を締結した。ニュー・ストレーツ・タイムズなどが報じた。

3社は、ジュート・ベンチャーズ、パルセート(Pulsate)、MOLアクセス・ポータル--。訪米中のナジブ・ラザク首相が立会い、契約が締結された。

ジュート・ベンチャーズは、ブランドXと共同で、ソーシャル・コンテント・ネットワーク・プラットフォーム「JOOTA」を北米市場向けに提供する。パルセートはデルとインテル、レボリューション・アナリティクスと共同で、クアラルンプールにおいて、ビッグ・データ研究拠点およびビッグ・データ・アカデミーを設立する。

MOLアクセス・ポータルはシリコンバレーに拠点を置くリックスティー(Rixty)と提携し、米国とブラジルにおけるオンライン・ゲーム販売・支払いプラットフォームを運営する。

MSCマレーシア・グローバル・フットプリンツ・プログラムでは、マレーシアのMSC企業と外資企業の提携を推進し、市場アクセスの拡大を図る取り組みが行われている。
千田真理子

編集部おすすめのニュース