【CEATEC13】ホンダ初出展、スマートホームシステムなどを提案

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ・ブースイメージ
  • ホンダ・ブースイメージ
  • UNI-CUB
ホンダは、10月1日から5日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2013」に初出展し、「ホンダ スマートホームシステム(HSHS)」やパーソナルモビリティー「UNI-CUB」などを展示する。

今回の展示では、「家にもエンジンを」「屋内にもモビリティーを」「つながるクルマを」の3つのテーマで、ホンダならではの、クルマのあるワクワクする未来の生活を提案する。

「家にもエンジンを」をテーマとした展示では、エネルギーを家庭で創り、消費する「家産・家消」の提案として、HSHSのエネルギーマネジメント技術を紹介するとともに、その核となる家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットの展示を行う。ガスエンジンによる発電ユニットをバイクに、排熱を利用する給湯システムを湯気が出るやかんに見立てた、高効率コージェネレーションのコンセプトを楽しく体感できる装置も展示する。

「屋内にもモビリティーを」のテーマでは、屋内での自由な移動の提案として、新しいパーソナルモビリティーであるUNI-CUBの試乗や、「体重支持型歩行アシスト」の展示を行う。

「つながるクルマ」のテーマでは、クルマが家や街やヒトとつながる便利で楽しい生活の提案として、車内から家電を操作するデモンストレーションを行うほか、安心で快適なドライブをサポートするICTサービスなどを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集