急カーブで転倒のバイク、滑走中に対向車と衝突

自動車 社会 社会

22日午前11時35分ごろ、和歌山県田辺市内の県道を走行していた大型バイクが転倒。滑走中に対向車と衝突する事故が起きた。この事故で路上に投げ出されたバイクの運転者が死亡。対向車側の2人が重軽傷を負っている。

和歌山県警・田辺署によると、現場は田辺市中辺路町小皆付近で片側1車線の急なカーブ。バイクは下り坂となっている左カーブを進行中に転倒。滑走したバイクは対向車線側へ進入し、対向車線を順走してきた軽乗用車と衝突した。

この事故で路上に投げ出されたバイクの運転者が頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。後の調べで、和歌山市内に在住する50歳の男性と判明している。また、軽乗用車を運転していた三重県紀宝町内に在住する40歳の女性が左手の小指を骨折する重傷。同乗していた39歳の女性も打撲などの軽傷を負っている。

警察ではバイクを運転していた男性がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集