日本通運、マレーシア子会社がイスラム法に適合した物流を展開…2014年度に認証取得目指す

自動車 ビジネス 企業動向

日本通運は、子会社のマレーシア日本通運がマレーシアで2014年度中に物流に関するハラル認証を取得すると発表した。

ハラルとはイスラム法に適合している意味で、イスラム教で禁止している豚肉やアルコールなどを含まない食品などを指す。現在、世界のイスラム教徒人口は、約16億人で、これに関連するハラル産業の市場規模も2兆米ドルを超えるまでに拡大しているといわれている。

イスラム教を国教とするマレーシアは、国策としてハラル認証制度の拡充を図っており、これらの製品を市場に供給するための物流分野(ハラル物流)への関心も高まっている。

マレーシア政府は、食品・化粧品・医薬品に続き、物流に関するハラル認証(MS2400)の受付を2013年7月から開始した。これを受けてマレーシア日通は、MS2400認証申請を完了した。日系物流企業として初の認証取得を目指すとともに、イスラム法に則したハラル専用車両の導入など、マレーシア国内で貨物の受託体制の整備を進めている。

また、MS2400取得に伴ってイスラム法に関するコンプライアンス認証(MS1900)も必要なことから、MS1900も同時に取得する。

日本通運は、マレーシアに進出している日系企業に対して、マレーシア国内のトラック輸送に関するハラル物流サービス提供するとともに、今後はマレーシアを起点に、インドネシア、バングラデシュのほか、中東・アフリカといった大イスラム経済圏でハラル物流サービスの構築を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集