ヒュンダイ、新車開発テストセンターを開業…独ニュルブルクリンク

自動車 ビジネス 企業動向

ドイツ・ニュルブルクリンクに完成したヒュンダイの新車開発テストセンター
  • ドイツ・ニュルブルクリンクに完成したヒュンダイの新車開発テストセンター
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は9月13日、ドイツ・ニュルブルクリンクに、新車開発のためのテストセンターを開業した。

ニュルブルクリンクは、ドイツのサーキット。その北コースは1周20.832kmで、荒れた路面に狭いコース幅、次々に出現するブラインドコーナーなど、世界一厳しいコースとして知られ、自動車メーカーが開発テストを行う場所として有名。

今回ヒュンダイは、ニュルブルクリンク・サーキットの近くに、新車開発テストセンターを開業。総投資額は662万ユーロ。ニュルブルクリンクに、すぐにアクセスできる立地の良さを持つ。

4階建ての建屋面積は3622平方m。建物はガラス張りとなっており、メタリック仕上げとなるのが特徴。ワークショップやオフィススペース、VIPルームなども備える。

2003年にドイツ・リュッセルハイムに設立されたヒュンダイR&Dセンターのエンジニアが、この新車開発テストセンターを使用。ヒュンダイの欧州向け車両の開発テストを行う。

ヒュンダイモーターヨーロッパのアラン・ラシュフォース副社長兼COOは、「ニュルブルクリンクは全ての車にとって厳しい場所。だからこそ、我々の新施設にとっては最高の場所」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集