インド・ムンバイに初の地下鉄建設 2019年12月開業予定

鉄道 行政

国際協力機構(JICA)は9月18日、インド政府との間で「ムンバイメトロ3号線建設事業」を対象として、710億円を限度とする円借款貸付契約に調印したと発表した。

インドでは急速に都市化が進んでおり、自動車と二輪車の登録台数が急増する一方、公共交通インフラの整備が進んでいない。とくにデリーやムンバイなどの大都市では渋滞による経済損失と自動車公害が深刻化している。

人口1248万人のムンバイでは、市内主要道路の平均速度が約15km/hと、東京の約20km/h、ニューヨークの約30km/hと比べても深刻な状況となっている。

この事業の実施により、南部の中心地域アイランド・シティ地域とムンバイ国際空港、急速に宅地開発が進む郊外西部を結ぶ地下鉄が整備される。

2019年12月の開業を予定しており、開業2年後の利用者は1日当たり120万人に達すると見込まれている。事業実施機関はムンバイ都市鉄道公社(ムンバイ・メトロ)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース