【ジャカルタモーターショー13】スバル、最新SUVで攻勢かける

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
  • スバル車両、搬入のようす(ジャカルタモーターショー13)
スバルはジャカルタモーターショー13で、最新SUVを中心に攻勢をかける。

開幕前日、『XV』『フォレスター』『インプレッサ』などを次々と会場ブースに搬入した。インドネシア市場でスバルは、他の日系メーカーに比べシェア等で遅れをとっているが、SUV需要の拡大や、走り・スタイリングへのこだわりといった、新たなニーズを吸収するにふさわしいラインアップをすでに備えている。

マレーシアでノックダウン生産が行なわれているXVは、スバルの東南アジア事業における基幹モデルのひとつといえる。成長著しいインドネシア市場での拡販成否が、ひいては同社のグローバル戦略の行方をも左右することになりそうだ。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集