日常のオシャレをドライビングシーンにも…ファッション通販新ブランド「FABIA」発表[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん・石田純一さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん・石田純一さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した石田純一さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん・石田純一さん
  • 新ブランド「FABIA」の発表イベントに参加した山田優さん
オットージャパンは9月12日、新ブランド「FABIA(ファビア)」の発表イベントを都内で開催。ゲストに山田優さんや石田純一さんが登壇した。

30代から40代の働く女性たちがターゲットのFABIA。同社が、働く女性590人に対してWEB上でアンケートしたところ、「オンとオフで着用する洋服の違い」についての質問に、「オンよりオフのほうが高い洋服を着ている」と答えた人が39%(228人)、「オン、オフでほとんど変わらない」が36%(212人)いたという。

かつてドライビングシューズなどの販売も行なってきた同社は、「日常のオシャレをオフィスに持ち込む人が増えているようだ。今後は週末のドライブなど、プライベートシーンにあわせた展開も視野に入れていきたい」と語っていた。

また、同ブランドのイメージキャラクターを務める山田さんは、「FABIAのWEB上にあるDRESS Biz maker(の心理テスト)で、自分にぴったりのコーディネートに出会ってほしい。ファッションでみなさんがハッピーになれればと思っています」と伝えた。

さらに石田さんは、「シチュエーションにあわせて着飾るとスイッチが入る。これは女性にも男性にもある。ファッションは時代といっしょにあるもの。時代に飛び込むつもりでファッションを楽しみたい」と話していた。

ドイツ発のオットーは、ヨーロッパを中心に世界20か国で展開する通販企業。オットージャパンはFABIAについて、2015年度売上30億円(WEB売上比率7割)を目指すという。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース