コンチネンタルとIBM、コネクテッド・ビークルの開発分野で提携

自動車 ビジネス 企業動向

コンチネンタル(参考画像)
  • コンチネンタル(参考画像)
コンチネンタルとIBMは、フランクフルト国際モーターショーにおいて、コネクテッド・ビークルの開発分野で提携することを発表した。

今回の提携では、IBMのビッグデータ処理および分析におけるノウハウと、コンチネンタルの車両エレクトロニクスでのシステムノウハウを融合。車内における各種モバイルサービス提供を可能にする、拡張性の高いクラウドプラットフォームの開発を目指す。

コンチネンタルのエルマー・デゲンハートは、IBMとの提携について「未来のモビリティ開発におけるプロセスは非常に複雑であり、IT業界のグローバル企業との強力なパートナーシップが必要であると強く確信している。世界をリードするテクノロジーパートナー企業とともに、安全性が高く堅牢な、コネクテッド・カーのソリューションを世界中に提供することができる」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集