近鉄エクスプレス、ジャカルタ北西部地区にロジスティクス・センターを新設へ

自動車 ビジネス 企業動向

近鉄エクスプレス、インドネシア・マルンダに倉庫を新設(イメージ)
  • 近鉄エクスプレス、インドネシア・マルンダに倉庫を新設(イメージ)
近鉄エクスプレスは、日系自動車メーカーが工場を新増設で、自動車部品の輸送需要拡大などが見込まれることから、インドネシアの現地法人PT.キンテツ・ロジスティクス・インドネシアがジャカルタ北西部のマルンダ地区に2014年6月に倉庫を開設すると発表した。

新しい倉庫「マルンダ・ロジスティクス・センター」は、床荷重5トン/平方mの強固な構造に加え、空調設備等も備えたロジスティクス施設とする。インドネシア最大のタンジュンプリオク港から東へ10km、ジャカルタ中心地へは南西へ15kmというロケーションで、インドネシア国内で大幅な需要の伸びが期待できる自動車関連品、デジタル関連、産業用機械などの配送拠点に適しているという。倉庫からインドネシア諸島への配送サービスも可能。

また、東ジャカルタに位置する工業団地と高速道路で結ばれており、同工業団地へ進出している顧客にも利便性の高いロジスティクス拠点として利用を提案していく。オペレーションでは、同社のグローバル倉庫システムを導入し、高品質なロジスティクスサービスの提供を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集