タイ南部の天然ゴム農家、11日ぶりに線路封鎖解除 政府との対立続く

鉄道 行政

キティラット副首相兼財務相(左)とユコン農相
  • キティラット副首相兼財務相(左)とユコン農相
  • タイ南部の天然ゴム農家、11日ぶりに線路封鎖解除 政府との対立続く
【タイ】5日、タイ南部ナコンシータマラート県で、天然ゴム農家によるタイ国鉄の線路封鎖が11日ぶりに解除され、列車の運行が再開された。

 天然ゴム農家はナコンシータマラート県、南部パタルン県などでの道路封鎖も一部解除したが、5日午後6時現在、ナコンシータマラート県内の2カ所、南部トラン県の1カ所などで道路封鎖が続いている。

 天然ゴム農家は天然ゴム価格の値下がりに不満を強め、政府に天然ゴムのアンスモークドシート(USS)を市価の1キロ70バーツ台を上回る100バーツで買い取るよう要求。8月23日に道路封鎖、同26日に線路封鎖を開始した。

 タイ国鉄によると、11日間の線路封鎖で旅客列車160本、貨物列車16本が運休し、チケット代の返却による損失は4000万バーツ以上に上る。道路封鎖を含めた経済的損失は約30億バーツという試算もある。

 タイ政府は5日、キティラット副首相兼財務相を議長とする会合を開き、天然ゴムの買い取りに応じない方針を確認。天然ゴム農園に対し、1600平方メートルあたり1260バーツの補助金を、1世帯当たり最大4万平方メートルまで支給する計画を打ち出した。農家側はこの提案に納得しておらず、近く抗議活動を再開する構えだ。
《newsclip》

編集部おすすめのニュース