技術の真髄を披露、改めて知るタイヤの存在意義 ミシュラン Primacy 3[まとめ]

自動車 ビジネス 企業動向

トークショーでの飯田裕子氏と斉藤聡氏
  • トークショーでの飯田裕子氏と斉藤聡氏
  • ミシュラン Primacy 3 体験会
  • インストラクターを務めたモータージャーナリストの斉藤聡氏
  • 参加者全員で記念撮影
  • 低μ路でのグリップを向上させたPrimacy 3
  • インストラクターを務めた飯田裕子氏
ミシュランの新タイヤ、「Primacy 3」。「アクティブコンフォート」というコンセプトで、コンパウンド、ブロック形状、路面接地形状などで、独自技術を採用している。

一般ユーザーを招いて行なわれたタイヤ試乗会を実施。ユーザーの生の声が新たな技術革新のヒントとなる。

◆イベントインストラクターの斎藤聡氏は「乗り心地がよくて高速安定性もアップ」と解説。体験者の反応は…

ミシュラン Primacy 3 試乗会…ユーザー向けタイヤ試乗でアクティブコンフォートを実感


◆「コンフォートタイヤらしからぬ安定感とコントロール性が印象的」との声。参加者の鋭い指摘も入った。

ミシュラン Primacy 3 体験会…参加者の声「もっともっとドライブしたくなるタイヤ」
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集