日本精機、メキシコに自動車用計器の販売会社を新設、日系自動車メーカーへの納入に対応

自動車 ビジネス 企業動向

日本精機は、メキシコ・ヌエボレオン州グアダルーペ市に、車載用計器・部品の販売会社を設立したと発表した。

新会社「ニッセイ・ディスプレイ・メヒコ」で、資本金は120万ペソ。同社グループのエヌ・エス・インターナショナルが80%、日本精機が13%、グループのNSウエストが7%出資する。

日本精機グループでは、メキシコ国内で、ニッポンセイキ・デ・メヒコとニッセイ・アドバンテック・メヒコの2社が、車載用計器部品を現地生産している。日系自動車メーカーがメキシコで自動車生産体制を増強しているのに伴って、現地で完成品の最終組立を行い、現地の工場へ納入するニーズが出てきた。このため、メキシコ国内に販売機能を持つ新会社を設立し、現地工場へ製品を納入する体制を構築する。

同社グループでは、四輪車用計器の世界シェアを、現在の13%から15%へ、二輪車用計器の世界シェアを、現在の33%から40%へそれぞれ引き上げる計画。特に北米市場を最重要市場の一つとして位置付けており、営業・設計開発機能の拡充、生産能力の拡大を進めている。当面、北米市場で四輪車用計器の生産台数を現在の250万台から500万台に倍増させる計画。

今回の販売拠点の開設を機に車載用計器事業の拡大を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集