阪堺電軌、関西初の超低床車「堺トラム」ダイヤが決定…8月25日から運転開始

鉄道 企業動向
阪堺電軌が導入する超低床式LRVの1001形「堺トラム」。8月25日から営業運転を開始する。
  • 阪堺電軌が導入する超低床式LRVの1001形「堺トラム」。8月25日から営業運転を開始する。
  • 阪堺電軌の701形。同社が完全な新車を導入するのは701形以来、26年ぶりになる。
阪堺電気軌道は8月9日、新型車両の1001形「堺トラム」の運行ダイヤを発表した。8月25日から営業運転を開始する。

当面は月・水・木・土・日曜に我孫子道~浜寺駅前間で1日4~5往復運転する。運転時刻は我孫子道発が10時3分、11時27分、13時27分、14時51分、16時15分、浜寺駅前発が10時44分、12時8分、14時8分、15時32分、16時54分。

営業運転を開始する25日は、浜寺駅前14時8分発以降の運転となる。また、月曜日は車両点検のため、我孫子道10時3分発と浜寺駅前10時44分発が運休となる。

これに伴い、「堺トラム」の運行開始を記念したグッズや記念切符の発売が行われるほか、記念セレモニーが浜寺駅前停留場前の広場で25日の13時30分から14時10分まで行われる。

「堺トラム」は、アルナ車両(大阪府摂津市)が開発した超低床式の軽量軌道車両(LRV)。2月に第1編成の1001号が完成した。阪堺電軌が超低床式のLRVを導入するのはこれが初めてで、関西初の超低床式LRVとなる。2014年春頃には天王寺駅前~浜寺駅前間で運行する予定。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース