鬼怒川ゴム第1四半期決算…国内、中国の操業度低下で減益

自動車 ビジネス 企業動向
鬼怒川ゴム(webサイト)
  • 鬼怒川ゴム(webサイト)
鬼怒川ゴム工業は8月8日、2013年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高174億3200万円(前年同期比+2.9%)、営業利益は15億5500万円(-17.4%)、経常利益は18億8700万円(-3.3%)、四半期純利益は11億7800万円(-0.6%)だった。

車体シール部品の米国での生産量増加などで増収となったが、、新車立上げに伴う費用増、国内および中国での操業度低下の影響などにより、収益は悪化した。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ユニプレス第1四半期決算…北米の増産対応による一時的コスト増で大幅減益 画像 ユニプレス第1四半期決算…北米の増産対応による一時的コスト増で大幅減益
  • タチエス第1四半期決算…国内外の受注減少で営業赤字 画像 タチエス第1四半期決算…国内外の受注減少で営業赤字
  • 住友ゴム中間決算…営業益7.9%減、海外市場の競争激化が影響 画像 住友ゴム中間決算…営業益7.9%減、海外市場の競争激化が影響
  • 西川ゴム第1四半期決算…北米好調で営業益58%増 画像 西川ゴム第1四半期決算…北米好調で営業益58%増

特集