NTN、工学院大学のソーラーカーレース参戦車両に特別仕様の軸受を提供

自動車 ビジネス 企業動向
工学院大学のソーラーカー
  • 工学院大学のソーラーカー
  • 参戦車両における軸受使用箇所
NTNは、10月にオーストラリアで開催されるソーラーカーの世界大会「ワールド・ソーラー・チャレンジ」に出場する工学院大学の車両に特別仕様の軸受を提供すると発表した。

NTNは、これまで同大学工学部機械工学科とトライボロジー研究会で交流を深めており、今回、同大会に初出場する同大学に対し、学生の「もの造り」活動支援の一環として、モータ用および車軸用軸受を開発した。

ワールド・ソーラー・チャレンジは、太陽光のみを動力源とし、オーストラリアのダーウィンからアデレード間の砂漠地帯3021kmを走破するタイムを競う世界最大級のソーラーカーレース。1987年に開催されて以来、20年の歴史ある大会で、世界中から多数の大学および企業が参加する中、工学院大学は初優勝を狙う。

ソーラーカーは、太陽光を電気エネルギーに変換し、電気モータでタイヤを回転させて走行する電気自動車。太陽電池から得られる電力のみで長距離を走行するためには、電力ロスの少ない構造が必要となる。

今回、NTNが開発した深溝玉軸受は、一般的なJIS-0級から等級が2段階高いJIS-5級を確保し、回転精度の向上を図った。また、鋼球をセラミックボールに変更、転走面の曲率を最適化することにより接触面積を減らし低トルク化を実現。また、攪拌抵抗の少ない低粘度グリースを採用したことで、回転トルクを従来品比50%低減した。さらに、砂漠地帯の走行に備え、鋼板シールドから非接触ゴムシールに変更し、耐異物侵入性を向上させた。

NTNの軸受は、駆動輪モータ部のほか、従動輪の車軸にも使用され、回転トルクを低減したことで少ない消費電力で高速走行を実現すると同時に、高い航続性能にも貢献する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集