ボーイング、ガルーダ・インドネシア航空に最初の777-300ERを納入

航空 企業動向

ガルーダ・インドネシア航空777-300ER
  • ガルーダ・インドネシア航空777-300ER
  • ガルーダ・インドネシア航空777-300ER
ボーイングは7月2日、ジャカルタでガルーダ・インドネシア航空に、同航空初の『777-300ER(飛行距離延長型)』を納入したことを発表した。

長距離の航続距離とツイン・アイルをもつこの旅客機は、ガルーダ航空に納入される10機の777-300ERの中の1機で、ガルーダ・インドネシア航空の飛躍的進歩を遂げる復興プログラムのカギとなる要素である。

「777は、我々のファーストクラスとビジネスクラスの乗客に、新しいレベルの経験をもたらす格別な旅客機である」とガルーダ・インドネシア航空の取締役社長である、エミルシャ・サタル氏は語った。

航空会社はその新しい777-300ERに、8つのファーストクラス・ルーム、38のビジネスクラス座席、268座席のエコノミークラスの設定を行った。そしてこの航空機はまた、飛行中のインターネット接続を装備している。

777-300ERは777系列の機能を拡大し、長距離飛行の市場にツイン・エンジンの効率と安定性をもたらす。航空機は最高7825海里(1万4490キロメートル)を飛行することができる。777-300ERは世界で最もパワフルな商用ジェットエンジンである、GE90-115Bエンジンを搭載している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集