ボーイング、80機目の737をブラジルのLCC、ゴル航空に納入

航空 企業動向

ボーイングは6月28日、ブラジルのLCC航空会社であるゴル航空に、80機目となる次世代737‐800を納入したことを発表した。

ゴル航空は全ての所有するボーイング編隊を運航し、次世代737航空機をリースされている。

「我々はゴル航空に80機目となる次世代737を納入することを誇りに思う。この航空機は、ブラジルや南アメリカへの旅行をより身近なものにするだろう。次世代737の効率と安定性は、ゴル航空の成長をサポートするだろう」とラテンアメリカ販売の副社長である、ヴァン・レックス・ギャラード氏は語った。

ゴル航空の80機目の航空機の塗装は、同航空会社のテーマ色でペイントされ、それはまたボーイング・スカイ・インテリアを特徴とする。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集