海上コンテナ取扱量が過去最高、2012年 国交省速報値

船舶 行政

川崎汽船、コンテナ船(参考画像)
  • 川崎汽船、コンテナ船(参考画像)
国土交通省は6月28日、2012年の海上コンテナ取扱貨物量(速報値)をまとめ、発表した。

それによると、昨年のコンテナ取扱量は、20フィートコンテナ換算で前年比0.5%増の2123万個(TEU)となり、過去最高となった。

このうち、外貿コンテナ取扱量は前年比0.1%増の1752万個で過去最高となった。

今回初めて試行的に集計した、国際フィーダーコンテナ取扱量(国際コンテナ戦略港湾等で外貿コンテナ船に積み換えられて輸出入されるコンテナ取扱量)は、42港で取り扱われていた。

東日本のある港湾では、外貿コンテナ取扱貨物量はコンテナ取扱貨物量全体の約54%だったが、国際フィーダーコンテナ取扱貨物量を含めると約98%となり、取扱コンテナのほとんどが国際コンテナ貨物であったことが明らかになった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品