ワイリー・ラボラトリ社、NASAと国際宇宙ステーション関連の供給契約を締結

宇宙 企業動向

国際宇宙ステーション
  • 国際宇宙ステーション
  • ワイリー・ラボラトリ社webサイト
  • マーシャル宇宙飛行センターwebサイト
  • NASAスペース・ローンチ・システムwebサイト
米国ワイリー・ラボラトリ社は6月26日、米国航空宇宙局(NASA)とマーシャル宇宙飛行センター(アラバマ州)関連のエンジニアリング・ソリューション開発、航空機器の供給契約を結んだ。

契約形態は、納期未定・数量不確定(IDIQ)のコストプラス・フィックスフィー契約であり、潜在的価値は3億5000万ドル(約345億円)と推定されている。契約期間は5年。

主な支援内容は、国際宇宙ステーション(ISS)、大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」、有人・ロボット探査、科学技術開発など。

ワイリー社と提携先の企業(MEIテクノロジー社、オービタル・テクノロジー社、ZINテクノロジー社など)は、マーシャル宇宙飛行センターから車で2時間圏内の施設16か所を提供し、ソリューションの開発や機器の組み立てを実施する予定。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集