車載ECU、スマートセンサー/アクチュエーター系が今後拡大…富士キメラ総研

自動車 ビジネス 海外マーケット

車載ECUの分野別世界市場
  • 車載ECUの分野別世界市場
富士キメラ総研は、車載ECU(電子制御ユニット)の課題をさまざまな角度から分析し、ECU市場と関連する材料、部品・ネットワークなどの調査をい、その結果を報告書「2013 車載ECU関連市場の現状と将来展望」にまとめた。

報告書によると、2012年の世界の車載ECU市場は、15億367万個となった。利便性・走行安全性・快適性・環境対策を重視した装備の搭載が要因になり大幅な増加傾向にある。

車1台当たりで見ると、電動化して大トルクモーターを制御するパワー半導体ECUが増えるなど、ECUの搭載数が増加。複雑化するECUの統合や標準化の技術開発も急速に進んでいるほか、ECU搭載数増加に伴う車重増加についても、ECU1個あたりの構成部品数を減らすなど、小型軽量化ニーズにも応えつつある。

分野別に見ると、ボディ系ECUは9億5845万個となり、全体の63.7%を占めた。2番めに多いのはパワートレイン系ECU(8.6%)、3位はスマートセンサー/アクチュエーター系(7.4%)。HV/EV系ECUは日本では比率が25%程度まで高まってきているものの、世界全体で見ると市場規模は小さく1%に満たない。

2022年の世界の車載ECU市場は、24億9498万個、このうちボディ系ECUは、13億9725万個、全体の56.0%を占めると予測する。全体に占める割合は2012年と比べて7.7ポイント縮小し、ほかの分野のウエイトが高まるとみる。特にウエイトが高まるのはスマートセンサー/アクチュエーター系で、10.8%に拡大すると予測する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース