飲酒運転の発覚を恐れて逃走、電柱に衝突

自動車 社会 社会

24日午前4時ごろ、大分県別府市内の市道で、直前までパトカーの追跡を受けていた軽乗用車が路外に逸脱。電柱に衝突する事故が起きた。この事故で軽乗用車に乗っていた2人が重傷を負った。飲酒運転の発覚を恐れて逃走したとみられている。

大分県警・別府署によると、同署が別府市内で飲酒検問を実施していたところ、一旦は警官の指示に従って停止した軽乗用車が急発進。制止を振り切ってそのまま逃走した。

待機していたパトカーが追跡を開始。軽乗用車は無灯火で走行していたこともあり、1kmほど離れた場所で見失ったが、逃走ルートをそのまま進行していったところ、別府市天満町付近で路外に逸脱し、電柱に衝突している軽乗用車を発見した。

クルマは中破しており、運転していた19歳の少年が足を骨折する重傷。助手席に同乗していた19歳の男性も胸部強打の重傷を負い、近くの病院へ収容されている。

後のアルコール検知で運転者の少年からは酒気帯び相当量以下のアルコール分を検出。聴取に対しては「飲酒運転の発覚を恐れて逃げた」といった内容の話をしているという。警察では少年の回復を待って自動車運転過失傷害容疑で事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集