【夏休み】三陸鉄道、「かいけつゾロリ」企画列車を運転…7月27日~9月30日

鉄道 エンタメ・イベント

「かいけつゾロリ さんてつとドラゴンのひみつ」のポスター。
  • 「かいけつゾロリ さんてつとドラゴンのひみつ」のポスター。
  • 「かいけつゾロリのおいし~いパン」。企画列車は、このパンの「おいしさの秘密」を探りに行くという設定になっている。
  • 三陸鉄道の36形気動車。
三陸鉄道は6月25日、子供向けの企画列車「かいけつゾロリ さんてつとドラゴンのひみつ」を、7月27日から9月30日までの土曜・休日を中心に運転すると発表した。

「かいけつゾロリ」は原ゆたか作の児童書シリーズ。1987年の第1作発売以来、根強い人気を保っており、漫画、アニメ、映画などのメディアミックスも行われている。

この企画は「かいけつゾロリ」の主人公・ゾロリのラッピングが施された「三鉄ゾロリ専用車両」に乗って、「かいけつゾロリのおいし~いパン」の「おいしさの秘密」を探しに行くというもの。パンは白石食品工業(シライシパン)とのコラボレーションで、7月1日から東北地方のスーパーやコンビニなどで発売される。

コースは宮古駅から岩泉町内までの往復。宮古~小本間は北リアス線で移動し、小本駅から岩泉町内をバスで回る。集合時刻は11時20分、解散時刻は16時を予定。詳細は7月12日に発表される。

三陸鉄道は企画列車の概要について「冒険する子供には内緒だよ」としている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集